LAでおすすめのハイキングコース11選!


ロサンゼルスには大自然を味わえる最高のハイキングコースがたくさんあります。ほとんどのコースは初心者でも大丈夫なので、気軽に楽しむ事が出来ますが、長いコースもあるので、ハイキングシューズやお水、日焼け止めやサングラスは必需品です!スマホの充電をいっぱいにして、楽しい思い出を沢山写真に残して下さいね!

"The Batcave" at Bronson Canyon   |  Photo: Yuri Hasegawa
"The Batcave" at Bronson Canyon  |  Photo: Yuri Hasegawa

GRIFFITH PARK TRAILS

グリフィスパーク・トレイル

  • コース名:Bronson Canyon
  • 距離:一周1.6km
  • 特徴:映画バットマンのバットケーブ実物版!
  • 行き方:ハリウッドのフランクリンアベニューからキャニオンドライブを北へ、道が終わるまで走ります。「Camp Hollywood」のパーキングに駐車し、東に位置する小さな赤い橋を超えて、舗装されていない道が見えるのでそこからコースへ。(Map

    ハリウッドから近く、グリフィスパークの南西にあるBronson Canyonは普段お目にかかれない雄大ば景色を見る事が出来る事で有名で、昔から映像関係者に大人気のスポットです。実際にハリウッド映画にも数多く登場する場所です。名所「Bronson Cave」は洞窟、と名がついていますが、実は15メートルの長さがある「トンネル」で、1903年に作られた採石場の名残です。エントランスは1960年公開のバットマンシリーズの「バットケーブ」として有名です。
     
  • コース名:Griffith Observatory West Trail Loop
  • 距離:約4km
  • 特徴:グリフィス天文台, ハリウッドサイン, LA盆地の名所を見る事が出来ます
  • 行き方:Los Feliz BlvdのFern Dellピクニックエリアからコースがスタートします。雄大な景色を堪能し、再びピクニックエリアに戻るコースです。(Map
     
  • コース名:Brush Canyon Trail
  • 距離:約3.2km
  • 特徴:とても穏やかで静かです。マウントハリウッドドライブの絶景が見れます。
  • 行き方:キャニオンドライブのパーキングに止め、ゲートを抜けて小さな丘を上っていきます。ピクニックエリアと公園を抜け、キャニオンから一旦出ますが、1.2キロくらい行くとマホランド・トレイルとぶつかり、そのまま道に沿って進みます。(Map

    グリフィスパークはアメリカで10番目に大きい市営の公園で、北アメリカでは一番大きい都市型公園とも言われています。
Runyon Canyon   |  Photo: Yuri Hasegawa
Runyon Canyon  |  Photo: Yuri Hasegawa

RUNYON CANYON

ラニヨン・キャニオン

  • コース名:Runyon Canyon Loop
  • 距離:1周約4.8km
  • 特徴:Cloud's Restからの眺望、愛犬とノーリード散歩OK、有名人の目撃情報あり。
  • 行き方:Hollywood Blvd.からFuller Ave.を北に進み、突き当りの駐車場(無料)に停めます。標識に従って公園内に入り、右から反時計回りに進みます。(Map

    大自然を楽しめるハイキングコースではありませんが、初心者に優しく、Cloud's Rest(クラウズレスト)と呼ばれる、まるで雲の上で休憩しているような場所から、ハリウッドヒルズの素晴らしい景色を楽しむことができます。有名人の目撃情報もあるので、もし会えたらラッキーですね。

    最新の登山装備でも、履き慣れたスニーカーと帽子でも気軽にハイキングできます。そして、ぜひ、ハリウッドサインや豪邸、網目のような美しいロサンゼルの景観をお楽しみください。
Franklin Canyon   |  Photo: Yuri Hasegawa
Franklin Canyon  |  Photo: Yuri Hasegawa

FRANKLIN CANYON PARK

フランクリン・キャニオン・パーク

  • コース名:Discovery Trail
  • 距離:一周約1.6km
  • 特徴:Franklin Canyon LakeとSooky Goldman Nature Center
  • 行き方:ウェスト・ロサンゼルスからビバリードライブに沿ってColdwater Canyonを目指し、北へ進みます。Coldwater/ビバリードライブで左に曲がり、消防署No.2でさらに左に曲がります。三本目を右に曲がると住宅街を抜け、パークのエントランスが見えます。Franklin CanyonドライブとLakeドライブの交差点で右に曲がり、Canyon Ranchへ、左に曲がるとSooky Goldman Nature CenterとFranklin Canyo Lakeがあります。(Map

    ロサンゼルスの中心地、ベネディクトキャニオンの近くにあるFranklin Canyo Park(フランクリンキャニオン・パーク)は、600エーカーという広大な敷地に、8キロ以上のハイキングコースがあります。公園の歴史は、ウィリアム・マルホランドがアッパーフランクリンキャニオン貯水池を建設した1914年にさかのぼります。1930年代には、石油王エドワード・ドヘニーの一家が夏の避暑地としてこの場所を利用しました。貯水池の周辺を散策すると、鳥や野生動物の姿がたくさん見られるだけでなく、ウエストロサンゼルスから太平洋まで見渡せるハステイン・トレイルなど、上級者向けのコースもあります。

    ポップカルチャー・ファンなら、フランクリン・キャニオン・パークがテレビや映画のロケ地としてよく使われていることをご存知かと思います。クラーク・ゲーブルとクローデット・コルベールが共演した『ある夜のできごと(It Happened One Night)』の有名なヒッチハイクのシーンもそのひとつです。3エーカーの広さがあるフランクリン湖は、『アンディ・グリフィス・ショー(The Andy Griffith Show)』のオープニングで「釣り場」として登場し、ユニバーサルスタジオのホラー映画『大アマゾンの半魚人(Creature from the Black Lagoon)』ではラグーンとして登場しました。また、サイモン&ガーファンクルのアルバム『サウンズ・オブ・サイレンス』の表紙に使用されたことでも有名です。
Studio City viewed from TreePeople | Photo: Kristen Neveu, Discover Los Angeles Flickr Pool
Studio City viewed from TreePeople | Photo: Kristen Neveu, Discover Los Angeles Flickr Pool

WILACRE PARK

ウィルケア・パーク

  • コース名:Betty B. dearing Trail
  • 距離:約4km
  • 特徴:San Fernando Valleyのパノラマビュー。Tree People, Rain Forest
  • 行き方:スタジオシティーのVenturaブルバードからローレルキャニオンブルバードに乗り、1.6キロほどでFrymanロードに行きます。右に曲がると化粧室、噴水、ピクニックエリアなどがある巨大な駐車場(駐車料金:$3)が見えます。(Map

    Wilacre ParkはFryman Roadにある事もあり、地元ではFryman Canyon Parkと呼ばれる事もあるとか。こちらの公園のハイキングコースでは、Wilacre, Fryman Canyon, Coldwater Canyonの3つの公園を通る事ができます。ご紹介しているコースは、木陰が多く、ワンちゃんにも優しいハイキングコースです。1.6キロ程行くと、世界的に有名な非営利環境団体、Tree Peopleのホームと言えるColdwater Canyon Parkに着きます。熱帯雨林のあるFryman Canyonも見所です。
Eaton Canyon Falls   |  Photo: Yuri Hasegawa
Eaton Canyon Falls  |  Photo: Yuri Hasegawa

EATON CANYON (一時閉鎖中)

イートン・キャニオン

  • コース名:Eaton Canyon Trail
  • 距離:6.4km弱
  • 特徴:おおよそ12メートルもする滝、Eaton Canyon Nature Center
  • 行き方:210フリーウェイからAltadenaドライブに沿って北へ2.4キロ程行ったところが公園のエントランスです。Eaton Canyon Natural Areaは、パサデナのNew York Driveの1ブロック北、1750 North Altadena Driveにあります。(Map

    Eaton Canyon Natural Areaはサンガブリエル山脈の麓の広大な敷地に広がる、大自然に囲まれた公園で、毎日、日の出から日没までオープンしています。ハイキングだけでなく、馬用コース、ステージ、ピクニックエリアがあり、また、季節によっては小川が出来ていたり、この地域特有の動植物を観察する事が出来ます。隣接するEaton Canyon Nature Centerでは、珍しい動物や面白い展示が楽しめる他、観光に役立つ情報も入手できます。

    Eaton Canyonへは、駐車場の北側にあるトレイルの入り口から、Eaton Canyon Trail沿いに、WATERFALLと書かれた分岐点までハイキングします。次の分岐点まで進み、コンクリートの橋の下をくぐると、ここからは、あまり整備されていない少し険しい道になります。ボルダリングで進んだり、季節や雨量によっては小川を渡ったりすることもあるので、心得ておいてくださいね。ご紹介したハイキングコースで有名なのが12メートルもある巨大な滝です。夏場は小さなプールエリアも設けられ、沢山の人が訪れます。
Will Rogers Park | Photo: Petunia21, Flickr
Will Rogers Park | Photo: Petunia21, Flickr

WILL ROGERS STATE PARK TREK

ウィル・ロジャーズ州立公園

  • コース名:Rustic Canyon Loop/Inspiration Point Trail
  • 距離:一周約9.6km
  • 特徴:ハリウッドスターの所有地だった場所を散策できる
  • 行き方:サンタモニカのWill Rogers State Parkに向かいます。ビジターセンターで車を停めるめる事ができます(駐車料金: $12, シニア $11)。ハイキングコースは牧場主の家と思われる建物の裏からスタートします。 (Map

    1.6キロほど進むとインスピレーションポイントという場所へのルートが出てきます。少し遠回りにはなりますが、行く価値ありです!太平洋、LA Basin, サンタモニカ山脈のパノラマビューの絶景は忘れられない体験になるでしょう。ハイキングの後はスタート地点のWill Rogers State Parkに戻り、広大な芝の上でピクニックをするのもいいですね。
Topanga State Park
Topanga State Park

TOPANGA STATE PARK TREK

トパンガ州立公園

  • コース名:Los Liones Trail to Parker Mesa Overlook
  • 距離:約11.2km
  • 特徴:Parker Mesaからの絶景
  • 行き方:パークはLos Lionsドライブ終点のパシフィックパリセードからスタートします。駐車場に車を止めてコースへ繰り出しましょう。East Topanga Fireロードに向かいコースを進みます。(Map

    Topanga State Parkは、最初の3キロほど急な坂道やジグザグの道が多く、標高も高いので、今までご紹介したコースの中でも上級者よりのコースになるかもしれません。ただ、Parker Mesaからの絶景はそんなつらさも忘れさせてくれるはず!是非足を運んでみて!
Malibu Creek State Park

MALIBU CREEK STATE PARK

マリブ・クリーク州立公園

  • コース名:Crags Road
  • 距離:一周約7.6km
  • 特徴:世界的に有名なM*A*S*Hのアウトドアセット
  • 行き方:Pacific Coast Highwayを北/西に進み、Malibu Canyon Roadで右折、Pepperdine Universityを過ぎます。キャニオン内のトンネルを抜け、Piuma Roadの信号を通過。Mulholland Highwayの信号手前で左折し、マリブ・クリーク州立公園へ。(Map

    Malibu Creek State Parkは、7,000エーカー(およそ東京ドーム608個分!)の美しい景観が広がり、オークやスズカケノキの森林、チャパラルに覆われた斜面を通る24kmのStreamside Trailが見所です。なので、雨が降った後の、マリブ・クリークはまるで息を吹き返したような生き生きとした植物が楽します。マリブ・クリーク州立公園は、以前話題となったテレビシリーズ「M*A*S*H」が撮影された場所で、放送終了から数十年経った今でも、世界中から観光客が訪れています。1946年から1974年まで、20世紀フォックス・スタジオがこの土地を所有しており、ロバート・アルトマン監督のオリジナル映画「M*A*S*H」(1970年)、「明日に向って撃て!(Butch Cassidy and the Sundance Kid)」(1968年)、「猿の惑星(Planet of the Apes)」など、多くの映画やTV番組が撮影されました。

    駐車場からは、Crags Roadを西に進み公園内に入り、標識に従ってM*A*S*Hのセットへ。コースは初心者向けで、標高差もほとんどありません。
Solstice Canyon in Malibu | Photo: Wing Sze Lee, NPS
Solstice Canyon in Malibu | Photo: Wing Sze Lee, NPS

SOLSTICE CANYON HIKE

ソルスティス・キャニオン

  • コース名:Solstice Canyon / Rising Sun Trail
  • 距離:約4.8km
  • 特徴:トロピカルテラスと太平洋の絶景
  • 行き方:Pacific Coast ハイウェイからSolstice Canyon ロードを抜け、エントランスへ。(Map

    Solistice Canyonは、日陰や舗装された部分があり、初心者の方にもおすすめのハイキングコースです。小川のせせらぎを聞きながら、トロピカルテラスに到着。フランク・シナトラやルシール・ボールの自宅、ロサンゼルス空港のテーマビルを設計した有名建築家、ポール・R・ウィリアムズの建築の基礎を見ることができます。また、宇宙のサテライト関連の実験が行われていた事でも有名で、TRW社が宇宙ミッションのための衛星機器をテストした、世界に3つしかない場所のうちの1つです。時期によっては、家の裏の岩にあるプールに滝が流れ込み、近くの洞窟には聖母マリアの像があります。その後、ソルスティス・キャニオンへ戻ることもできますし、ライジング・サン・トレイルへ進み丘の頂上を目指すのもいいですね。太平洋のパノラマビューは、汗をかいた後のご褒美です。快適なソルスティス・キャニオンのルートとは異なり、ライジング・サン・トレイルは日陰がないのでご注意を。
Property of Discover Los Angeles
Photo courtesy of kagee219, Flickr

ESCONDIDO CANYON WATERFALL TREK

エスコンディド・キャニオン

  • コース名:Escondido Canyon and Falls
  • 距離:約6.73km
  • 特徴:コース最後の滝
  • 行き方:パシフィックハイウェイをサンタモニカから30キロほど北西に走ります。Latigo Canyonロードを過ぎたところでEast Winding wayの表札を目印にパーキングを探します。駐車場に止めてからは舗装されてない道を山に向かって歩きます。1.6キロ弱でパーク入り口に到達します。(Map

    登山口からEscondido Canyon Parkの滝までは、約1.6kmのトレッキングコースです。トレイルはEscondido Canyon Creekを何度か横切るので、雨季にハイキングする場合は足が濡れるのを覚悟してください。渓谷の岩肌に沿って、木々の中を緩やかに登っていき、しばらくすると、高さ3mのエスコンディド滝のふもとに到着。苔むした岩の上を流れる何層もの白滝に癒されます。

    滝は、時期により水量が異なり、春が一番活発になります。岩をよじ登ると、さらに多くの滝を見ることができます(高さ約30m)。滝の下にあるプールで泳げば、戻る前に体をクールダウンできてオススメです。
Vasquez Rocks Natural Area   |  Photo: Yuri Hasegawa
Vasquez Rocks Natural Area  |  Photo: Yuri Hasegawa

VASQUEZ ROCKS TREK

バスケス・ロックス自然公園

  • コース名:Foot/Horse Trail, History Trail
  • 距離:4.8km
  • 特徴:この世の物とは思えない珍しい形の岩が見所。Pacific Crest Trail が有名
  • 行き方:LAカウンティー北のSanta ClaritaからGolden State Freewayに乗り、Agua Dulce Canyonロードで降ります。左に曲がり、標札に従ってパークのエントランスへ。(Map

    Vasquez Rock Natural Area Parkは、ロサンゼルスのダウンタウンから北へ約1時間のアグア・ドゥルセにある、広さ905エーカーという広大な敷地と大自然を誇る公園です。数千万年にわたる地質活動と侵食によってできた、高さ15メートルもある色とりどりの岩が織り成す美しい光景は圧巻です。また、バスケス・ロックというのは、昔、この土地を隠れ家のように使っていた、ティブルシオ・バスケスにちなんで名づけられました。カナダからメキシコ国境まで4,200kmに及ぶ有名なパシフィック・クレスト・トレイルの一部が、バスケスロックスを通っていたり、緩やかなトレイルがたくさんありますが、どこを選んでも気軽に楽しめます。そして、岩の頂上からの景色は最高の思い出となるでしょう。ただし、公園内には日陰がほとんどないので、しっかり対策をしましょう。

    スタートレックファンなら、シーズン1のエピソード「アリーナ」でカーク船長が、怪獣ゴーンと戦った場面や、その他のエピソードでも、バスケス・ロックが登場していることに気がつくでしょう。テレビ番組では、「ボナンザ」、「ライフルマン」、「カンフー」、「ミッション:インポッシブル」、「トワイライト・ゾーン」など、また、映画では「ドラキュラ」(1931年)、「ブレージングサドル」(1974年)、「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)などのロケ地にもなっています。また、バスケス・ロックは、ショショーニ族とタタビアム族の先史時代の遺跡として、1972年に国家歴史登録財に登録されました。

    オスカーの足跡をたどりながら、マリブからサウスベイまでの映画ロケ地をガイドと一緒に巡ることもできます。