ビヨンセのロサンゼルスガイド

ビヨンセが通うグルメ・ジム・ショップに迫ろう

Beyonce-LAGuide

通常、夫婦がロサンゼルスの西部で家を買う時は決してニュースになることはないでしょう。ただし、その夫婦がビヨンセジェイ・Zとなると、世界の注目を浴びることになる。2017年、お二人は8800万ドル、約2,800平米の豪邸をベル・エア周辺で購入し、大きく波紋を呼びました。長年ロサンゼルスに在住しているヒューストン出身の「Bey」とブルークリン生まれのJayは、8つの寝室、11つのバスルーム、4つのプールとバスケットボール1面を備えた巨大な敷地に引っ越しました。

ただし、この世界で有名な夫婦は決して引きこもることはありません。お二人は良くロサンゼルスで目撃され、長女のBlue Ivyや双子のRumiとSirとしばしば町を散策しています。さて、そんな巨大なマンションを買わなくても、ビヨンセのように食べたり、運動したり、服を買ったりすることはできます。こちらの記事では、ビヨンセがLAでもっとも好きな場所をご紹介します!

Jay-ZとBeyonceがUTAスペースにて

ビヨンセとジェイ・Zはアート好きで有名。お二人は膨大なアートコレクションを所有しており、APES**Tのミュージックビデオでルーブル美術館をテイクオーバーしたこともあります。

2019年2月には、カーター家はUTA Artist Space&Swizz BeatzことKasseem Deanが主催した、バラク・オバマのポートレイトを描いたKehinde Wiley、Carrie Mae WeemsやKerry James Marshallなどというアフリカ系アメリカ人のアーティストを題材としたDREAMWEAVERS展を訪れました。Yahoo! Lifestyleの取材記事によると、ビヨンセが身にまとった服装は「イベントを完成化するような服装で、アンカラスーツと帽子にごく小さなカバンにサンダルに合わせました。本イベントでは、お二人は他のゲストのファレル・ウィリアムズとその妻のHelen Lasichanhと歓談していました。」

2016年にオープンして以来、UTA Artist Space (405 Foothill Rd, Beverly Hills, California 90210)は艾未未、ジェイクとディノスチャップマン、デリック・アダムズ、ペトラ・コートライト、ハーズ兄弟やラリー・クラークなど、たくさんのアーティストを題材としたイベントを開催してきました。

Beyonce@Beauty&Essex

Beauty & Essex

Beauty & Essexの3店舗目となるロケーションは「Dream Hollywood」 (6417 Selma Ave, Hollywood 90028)に位置しており、約930平米のスペースを贅沢に使っています。そのメニューはシェフのクリス・サントスが提供するクリルドチーズとトマトスープ団子、ツナのタコス、チキンのミートボールやトマトのタルタルなどを含みます。1階はインドアなスペースとなっており、2階にはテラス席があります。2017年4月、Beauty & Essexはビヨンセ、ジェイ・Z、ビクター・クルーズ、DJキャレド、ケビン・ハート、ジェロッド・カーマイケルとケリー・ローランドのためにプライベートな食事会を開催しました。

Gjalina

Gjelina

2017年3月、ビヨンセ、ジェイ・Z、Blue Ivyとジェイの母親のグロリア・カーターはロサンゼルスで一番好きなレストランの一つである「Gjelina」(1429 Abbot Kinney Blvd, Venice 90291) で食事しました。セレブ御用達らしく、ビヨンセはボディガードに付き添われ、3台のキャディラックでレストランにつきました。2008年にオープンしてから、Gjalinaはセレブとの遭遇率が高いお店となっており、ベニス在住の有名人が良くブランチを食べにきています。その、気になるブランチメニューは、リコッタ・パンケーキ、アンチョビとブッラータのトースト、サンタバーバラのエビまたはヤギのチーズ、タイムやフォンティーナがトッピングされたマッシュルームピザなどを含みます。

Beyonce-LAGuide

ローズボウル

LAの有名な競技場として、パサデナの「ローズボウル」では5つのスーパーボウル、2回の夏季オリンピック、2回のサッカーワールドカップの決勝戦、巨大なライブ、そしてその名前の由来となった「ローズ・ゲーム」が開催されてきました。「Sports Illustrated」誌によると、ローズボウル・スタジアムは20世紀の会場のトップ20にランクインされています。

カーター家は2018年9月にOTR II スタジアムツアーで2回ローズボウル・スタジアムでライブを行いました。2時間以上にわたるパフォーマンスで、お二人が撮影しあった映像なども披露されました。以前、ビヨンセは2016年5月にフォーメーション・ワールドツアーの一環としてローズボウルでライブを行いました。その際、アルバム「Lemonade」の楽曲を歌い、その1ヵ月前に急逝したプリンスへのオマージュとして「The Beautiful Ones」という曲も歌いました。

Beyonce-SushiPark

Sushi Park

2017年8月、ビヨンセとジェイ・Zはお二人が好きな寿司屋のSushi Park (8539 Sunset Blvd #20, West Hollywood 90069)でデートをしました。サンセット・ストリップのモールの2階にあるSushi Parkは本格的な寿司屋となっており、入り口に「NO TAKE OUT! No Salad! No Teriyaki, Tempura! No Trendy Sushi! No California Roll! No Spicy Tuna Roll! We serve only Traditional Sushi!」(テイクアウトなし、サラダなし、照り焼きや天ぷらなし、カリフォルニアロールなし、スパイシーツナなし、伝統的な寿司のみ!)の看板を貼っています。お任せで、17品・30貫以上の高級寿司コースが一人当たり約200ドルとなっています。 そして、この価格で隣に音楽界の王家が座っているなんてことも!?

Walter Mendezのドレスを着ているビヨンセ

Walter Mendez

ビヨンセのようなスーパースターがその服を着ると、無名のデザイナーでも一気に一流扱いされることになります。マンハッタンビーチで育ち、Robertson Plaza (120 S Robertson Blvd, Los Angeles 90049)でお店を構えているWalter Mendezはその一人となっています。The Hollywood Reporterの取材で、Walter Mendez氏は「レッドカーペットの中枢に入るブランドを持つことは私にとって最重要なものだ」と話しています。

ビヨンセはジェイ・Zの2017年10月に開催された第3回のTidal Xチャリティー・ライブでMendezのエメラルド・グリーンのドレスを身にまとっていました。そのイベントで、ビヨンセは双子を出産してから初めて公の場への登場となりました。Walter Mendezのショップは予約制となっており、月曜〜土曜10時〜18時までオープンしています。

World on Wheels

World on Wheels

4年間閉店していた「World On Wheels」は、2017年夏に再オープンした人気のローラスケート場となっています。(4645 Venice Blvd, Los Angeles 90019) 完全リニュアールした「WOW」は、リデザインされたフロアで、プライベートラウンジやVRゲームなどを提供しており、ナイトクラブのマネージャーのTommy Karasと故ラッパーのNipsey Hussleによるコラボレーション企画となっています。

ビヨンセとジェイ・Zは何人か友達を連れて2017年8月にWOWでローラースケートを楽しんでいました。US Magazine誌によると、ビヨンセはダメージデニムと黒のシャツを着ていたという。現場にいた目撃者はビヨンセは優れたスケーターであり、スプリット技までを行なっていたという。

BeyGOOD Houston

BeyGOOD Houston

現在、ビヨンセはハリケーン・ハービーで大きく災害を被った出身地であるヒューストンの復興に取り組んでいます。ビヨンセが立ち上げたBeyGOOD チームはブレッド・オブ・ライフ、グレーター・ヒューストン・コミュニティー財団やテキサス・サザン大学とのパートナーシップを進めています。