7月4日にオープンするユニバーサルスタジオハリウッドのニューアトラクション「The Walking Dead」を徹底解説!

Universal Studios Hollywood

2016年7月4日、ユニバーサルハリウッドに大注目のニューアトラクション “The Walking Dead”がオープンします。The Walking DeadはAMCが制作する大人気ドラマです。ゾンビがはびこる街を人間が生き延びながら旅をする話題作で、日本でもファンの多い作品です。18歳から49歳までの大人を対象に行った調査では、過去4年にわたり、ナンバーワン・テレビジョンショーに選ばれているという大ヒット作なのです。2016年10月からは第7シーズンが始まることでも話題をよんでいます。

 

「The Walking Deadを制作し始めて6年、今回はじめて作品をスタジオから出してアトラクションにするという、またとない機会に恵まれました。ファンの皆さんは実際にゾンビを間近に見る事ができるのです。」そう語るのは番組プロデューサーのGreg Nicotero氏です。

「100%忠実に番組を再現するのは本当にエキサイティングな作業です。今回はThe Walking Deadのために特別に作られた模型をアトラクション内でも利用し、セットを再現しています。またanimatronicと呼ばれる人間の様に滑らかな動きができる特注のロボットを制作しています。まるで本物のゾンビのようになるはずですよ。唯一無二の存在です。本当に楽しみでなりません。」

ユニバーサルスタジオハリウッドでは、実はこれまでにもHalloween Horror Nightsという期間限定のイベントでAMCのThe Walkig Deadチームとコラボレーションをしたことがあります。ただ今回オープンするアトラクションは、期間限定でオープンしていたアトラクションとは違い、レベルアップした大興奮まちがいなしのアトラクションになるといわれています。

The Walking Deadを忠実に再現するにあたり、ユニバーサルスタジオハリウッドは、The WalkingDeadの制作チームとパートナーシップを結び、あらゆる面で最高のアトラクションを作る事に力を注いでいます。スペシャルエフェクトからメイク、セットに及ぶまで、細部までとことんこだわったディテールがほどこされているのです。The Walking Deadの制作チームが実際にアトラクション制作に関わっているというのは、ファンの心理としても最高に嬉しいはずです!

専用のメイクをほどこした最先端のanimatronicゾンビ、細部までこだわったセットデザインにコスチューム、番組で使われていた小道具のレプリカなどにより、ケーブルテレビの歴史で1番観られている大ヒット作が、そのままのかたちでアトラクションとなるのですから、ファンにとってはまさに夢のような出来事です。

The Walking Deadはテーマパークのメインエントランスを入ってすぐの、アトラクションの為に新設されたビルディングの中に設置されます。かなり強烈な体験型アトラクションとなるので、13歳以下の入場制限を設定しています。

過去5年はユニバーサルスタジオハリウッドにとってとても素晴らしい時期でした。常に新たなアトラクションを打ち出し、これまでにパークに訪れたことのある人の75%が「今までにない新しい体験ができるテーマパークだ」と答えているのです。The Walking Deadの登場で、ユニバーサルスタジオハリウッドは更にパワーアップした唯一無二のテーマパークになるのでは、と多くの人が期待をよせています。

 

ユニバーサルスタジオハリウッドでは、アトラクションのオープンに先駆けて2分間の紹介ビデオを制作しています。番組プロデューサーのNicotero氏からの詳しい解説をふくめたコメントも聞けるので、ぜひチェックしてみてくださいね!