4月3日の一枚:サード・ストリート・プロムナード

写真提供:Diana Lee Photography, Flickr

4月3日の一枚はこちら!

サンタモニカにあるサード・ストリート・プロムナードの噴水です。

旅行客にも人気のエリアで、ストリートミュージシャンなどで常に盛り上がっています。

THE MAN WITHOUT A PLAN

プランなく進んだタワーの制作


ワッツタワーが、何かしらのビジョンもなしに建てられたと言ったら、それは語弊になるかもしれませんが、計画性がなかったことは事実です。デザイン画もなければ一定の製作期間をもうけていたわけでもなく、ロディア氏がただただ思いのままに制作を進めていったのです。ロディア氏はこれまでにいくつもの媒体から「なぜタワーを作るのにそんなにも時間と労力をついやしたのか?」という質問を受けています。これに対し、いくつかの答えを出しています。「作っている間は飲酒をしなくてすんだから。仕事をなくしたから。アメリカの人々が優しかったから。彼の妻が一番高いタワーの下に眠っているから。なにか大きなことをやり遂げたかったから。」だそうです。