2020年のLAの注目レストラン特集!(前半)

Dishes from Chengdu Taste in Alhambra
Chengdu Taste in Alhambra | Photo: Uber Eats

ロサンゼルスの豊富なグルメシーンは2020年にもさらに広がります!世界最大級のシェフがLAに集い、ダウンタウンやハリウッド、ウェストサイドなどで新しいレストランを続々とオープンして行きます。さて、絶対見逃したくない2020年にオープンするレストランをご紹介します。まずは前半から。

Nancy Silverton at Pizzeria Mozza
Nancy Silverton | Photo: Pizzeria Mozza

The Barish - Hollywood Roosevelt

LAの伝説的なシェフとも言えるNancy Silvertonは、「The Barish」というイタリアン・ステーキハウスを名所のHollywood Roosevelt (7000 Hollywood Blvd, Los Angeles 90028)でオープンします。その名はカナダのサスカチュワン州で牧場を持っていたSilverton氏の祖先から由来し、「Historic Lobby」で元々Public Kitchen & Barがあった空間でオープンします。120人も入れる広大なダイニングルームの中心に薪釜オーブンが設置され、新しいメニューはハリウッドの黄金時代からインスパイアされ、定番なステーキハウス料理や焼きパスタなど提供されていきます。 (2020春オープン予定)

Walter and Margarita Manzke at Republique
Walter and Margarita Manzke | Photo: @republiquela, Instagram
Exterior of the Picca and Sotto building on Pico Boulevard
Picca and Sotto back in the day | Photo: Melissa Judson 

Bicyclette

夫婦のWalterとMargarita ManzkeがSotto and Picca (9575 W. Pico Blvd., Los Angeles 90035)というお店があった場所に「Bicyclette」をオープンします。ビバリーヒルズの南にあるPico-Robertson地区に位置し、BicycletteはManzke氏による「République」のような高級なテイスティングメニューとカジュアルなフレンチビストロを組み合わせた2本柱のコンセプトを持ったコンセプトになります。(2020年春オープン予定)

Caldo Verde at the Downtown LA Proper Hotel
Caldo Verde | Rendering: Downtown LA Proper Hotel

Caldo Verde & Cara Cara - Downtown LA Proper Hotel

James Beard賞受賞のSuzanne Goin氏とCaroline Styne氏は「Proper Hotel」 (1100 S. Broadway, Los Angeles 90015)で、ダウンタウンLAで初めてのレストランをオープンします。「Food & Wine誌」でのインタビューによると、Goin氏は20以上のホテルにアプローチされ、ダウンタウンLAで20以上のレストランを検討したと述べています。

ポルトガルの伝統的なスープから名付けられた「Caldo Verde」は、お二人のお店「a.o.c」の常連ならこそ馴染みのシェアできるプレートのメニューを提供します。ビンテージのオレンジクレートから名前をインスパイアされた「Cara Cara」は二つの階に広がるルーフトップレストランとして、古い煉瓦の構造、屋外のベンチ席、暖炉とバーを備えたお店になります。Caldo VerdeとCara Caraに加え、Goin氏とStyne氏はホテルのルームサービス、イベントとケータリングを率いていきます。 (2020年冬オープン予定)

Dishes from Chengdu Taste in Alhambra
Chengdu Taste in Alhambra | Photo: Uber Eats

Chengdu Taste

LAのアート地区は来る夏にピリピリに熱くなっていくことに!有名な四川料理点の「Chengdu Taste」は、Biscuit Company Lofts (1850 Industrial St., Los Angeles 90021)の元Church & Stateの空間でオープンする予定です。アルハンブラ、ラスベガス、ホノルルとヒューストンに次ぐ5店舗目となるこちらのレストランは、オーナーシェフのTony Xu氏と経営パートナーのSean Xie氏、そしてシェフのBill Chait氏とTaylor Parsons氏による豪華なコラボレーションとなります。お料理は、ラム肉串のクミン添え、坦々麺、麻婆豆腐、夫妻肺片やグリーンペッパーソースの煮魚などという名物が期待できます。名料理評論家のJonathan Goldによる2013年のロサンゼルス・タイムズのレビューでは、その「驚くほど柔らかい魚」の味は「唇と舌の間でラスベガスの看板が点滅する不思議な勢いで揺れ動く」と書いていました。 (2020年夏オープン予定)

Daniela Soto-Innes and Enrique Olvera at the Cosme 2nd Anniversary Dinner
Daniela Soto-Innes and Enrique Olvera | Photo: Cosme, Facebook
“私たちはLAが大好き。歴史や美意識、料理などでLAとメキシコ・シティがつながっていると思います。私はLAと密な繋がりを感じ、ここで生まれたような気がします。” ~ Enrique Olvera

Damian & Ditroit

料理界のスターであるEnrique Olvera氏とDaniela Soto-Innes氏はアート地区 (2132 E 7th Place, Los Angeles 90021)で隣同士のレストランをオープンします。ニューヨークにある「Cosme and Atla」で有名なメキシコ出身のシェフたちがローカルな食材とシーフードを使った「Damian」、そしてベジタリアンも楽しめるタケリア「Ditroit」を展開していきます。

ロサンゼルス・タイムズのインタビューでは、Olvera氏は「私たちはLAが大好き。歴史や美意識、料理などでLAとメキシコ・シティがつながっていると思います。私はLAと密な繋がりを感じ、ここで生まれたような気がします。」と述べています。 (Damian: 2020年春オープン予定; Ditroit: 2020年夏オープン予定)

Primary image for Death & Co.

Death and Co.

ニューヨークの人気バー「Death & Co.」のロサンゼルス店は大晦日にグランド・オープンします。サード・ストリート、Hauser & Wirthの向かいにあるDeath and Co. (818 E. 3rd St, Los Angeles 90013)は、本店からインスパイアされた二つの体験を提供します。Standing Roomは、たった8つのカクテルしか提供しない最大30人が座れるお洒落なバーカウンターとなり、Death & Co.への入り口のような空間として設計されました。

メインバーは、15席のカウンター、ベンチ席、テーブルとヌックを備えています。そのカクテルメニューには25のオリジナルカクテルが並び、季節毎に変わります。その他、ボトル、缶、または生ビールとワインリストがあります。ドリンクの他、フードは小さなおつまみとアミューズ風の料理とシェアできるプレートから選ぶことができます。

Strawberry Donuts at The Donut Man
Strawberry Donuts at The Donut Man | Photo: The Donut Man

The Donut Man - Grand Central Market

Glendora、伝説的なルート66で24時間オープンの「The Donut Man」はそのフレッシュなイチゴドーナツで有名です。季節(2月〜7月)のイチゴを使ったドーナツは、豪華なイチゴでトッピングされ、シグネチャーのグレーズで提供されています。そのサイズも、ハンバーガーなみで両手で持って食べるものとなります。

2019年11月、ロサンゼルス・タイムズは「The Donut Man」がGrand Central Marketで新店舗をオープンすると報道しました。BroadwayのEggslutとVilla Morelianaに近く、GCM店は毎日午前7時から午後10時までオープンします。 (2020年2月オープン予定)