車を使わずにロサンゼルスのストリートアートを楽しもう!(前半)

Main image for article titled 車を使わずにロサンゼルスのストリートアートを楽しもう!(前半)
Photo Courtesy by Matt Marriott

1960年代から始まったとされるストリートアート。現在では優れたアートの形として認められ、世界中で高い評価を得ていますが、ロサンゼルスはそんなストリートアート・ムーブメント発端の地ともいわれています。

クラシカルなものからモダンなもの、印象派の作品からパンク、ヒップホップまで、ストリートアートのパイオニアたちが描いた素晴らしい作品が街のあちこちに存在します。

今回は車を使わずにアートを楽しめるコースをご用意しました。是非この機会に美しいストリートアートに触れてみてください!

Property of Discover Los Angeles
写真提供:Matt Marriott

"HEART OF LOS ANGELES" - ANTIGIRL

今回ご紹介するウォーキングツアーを始めるのにふさわしいのが、ストリートアートを象徴するような作品が描かれたAngel City Breweryです。中でもantigirlによる「Heart of Los Angeles」はファンの多い作品で、1970年代に作られ、一世を風靡したシンボル「I ♡ NY」からインスパイアされたといわれています。ハートはantigirlの代名詞となっており、こちらのスポットでは写真撮影をする人が後を絶たないそうです。Metro Rail Gold LineのLittle Tokyo/Arts Districtの駅から一ブロック南に向かったあたりにあります。

Property of Discover Los Angeles
Photo Courtesy by R. E. ~, Flickr

“THE WRINKLES OF THE CITY” - JR

Angel City Breweryにはもう一点、JR氏による「The Wrinkles of the City」という有名な作品が描かれています。ニューヨークから上海、ハバナにベルリンといった場所でもアートワークを展開しているJR氏ですが、2011年に華やかなエンターテイメント業界のリアルな部分を描いた、リンクルシリーズ(シワのシリーズ)に取りかかり始めました。ストリートアートを制作するのは世界で一番大きなギャラリーをもっているようなもの、というJR氏ですが、数多くある作品の中でも、Angel City Breweryの「The Wrinkles of the City」は大変大きな規模だそうです。

Property of Discover Los Angeles
Photo Courtesy by BlacklistLA

"SIR CASH THE HEWITT HUSKY" - RAMIRO FAUVE, EMILIO PISQUIERA AND AMANDA GELPI

Angel City BreweryからTraction Avenue沿いに南東に1ブロック歩き、Joel Bloom スクエアに向かいましょう。E. 3rd Street とTractionのコーナーに、犬好きであれば思わず手を叩いてしまいたくなる作品が描かれています。「Sir Cash the Hewitt Husky」はサンタモニカ・フリーウェイの「L.A. Marathon Year 2026」という作品を手掛けた事でも有名なアルゼンチン出身の画家、Raniro Fauve氏とEmilio Pisquiera氏、Amanda Gelpi氏により、2013年に描かれ、動物に敬意を示している作品である、と言われています。こちらの場所はWeekly Arts District Farmer's Marketが開催される場所としても知られています。

Property of Discover Los Angeles
Photo Courtesy by Matt Marriott

"I WAS A BOTOX JUNKIE" - TRISTAN EATON

「I was a Botox Junkie」は、Sir Cashから1ブロックほど南東にある、LA在住のアーティストTristan Eatonによる作品です。Eaton氏は1990年代、まだティーンエイジャーだった頃にストリートアートを描き始めました。ロンドン、デトロイト、ブルックリンを転々とし、2012年にアーティストとしての作品向上のためロサンゼルスに戻り、移り住みました。コミックやスケート、グラフィティに影響されたEaton氏の作品はファンが多く、New York's Museum of Modern Artでも永久保存コレクションとして展示されています。2013年に制作された「I was a Botox Junkie」 (私はボトックス中毒者でした)は冒頭でご紹介した「Wrinkles」シリーズ同様、今のLAを象徴している作品として高く評価されています。カラフルで一度目にしたら忘れられない印象的な作品です。