ロナルド・レーガン・プレジデンシャル・ライブラリー&ミュージアムで開催中の『Vatican Splendors』を見に行こう!

The Holy Family with Two Angels” [detail] | Photo copyright 2016 © Città del Vaticano

 ロナルド・レーガン・プレジデンシャル・ライブラリー&ミュージアムでは2016年の8月28日まで、「Vatican Splendors: A Journey Through Faith and Art」と題して、バチカンのアートコレクションを展示しています。バチカンのコレクションを展示するエキシビションとしては、アメリカ国内で歴代一位をほこるといわれる大規模なもので、歴史的、宗教的に見て非常に貴重な作品が揃えられています。ミケランジェロ、ベルニーニ、グエルチーノといった、ルネッサンス期、バロック期を代表する芸術家たちの作品も数多く展示されていて、注目を集めています。

Property of Discover Los Angeles
“Cast of the Hand of Blessed John Paul II” | Photo copyright 2016 © Città del Vaticano

 

館内の展示が始まってから終わるまで来場者はバチカンの魅力に圧倒されます。芸術品を通してバチカンの歴史と文化を詳しく学ぶ事ができ、これまでにない体験に感動することでしょう。今回展示されている作品の中には北アメリカで展示されるのが初めてというものに加え、ローマでも一般公開されたことのない貴重な作品が含まれています。エキシビションの最後に展示されているSaint John Paul II`s hand(セイント・ジョン・ポールIIの手の彫刻)もとても見応えのある作品です。

Property of Discover Los Angeles
“Tile From the Roof of Saint Mary Major Basilica” | Photo copyright 2016 © Città del Vaticano

 

バチカンの保有するアートコレクションは一年以上バチカンを離れてはいけないという決まりがあるので、レーガン・ライブラリーでの展示がおわると作品はすべてバチカンに戻されます。今回のコレクションの目玉の一つといわれているのはミケランジェロの作品の数々ですが、アートワーク以外にもミケランジェロのサインが記載された重要書物やかなりのレアものと言われる浅浮き彫りの彫刻も展示されています。また、セイント・ピーターとセイント・ポールを敬慕する形で飾られている聖人の骨の一部やセイント・ピータとセイント・ポールのお墓の中、またローマのセイント・ピーターズのバジリカ・会堂で発見された非常に珍しい歴史的書物なども見ることができます。

 

これらの展示品がならぶギャラリー内はバチカンを再現したデザインになっていて、ひとたび空間に足を踏み込めばまるでバチカンにいるかのような感覚になります。美しいバジリカ(会堂)そのものにくわえ、音響効果も取り入れたエリアや前出でご紹介した実際に触れる事の出来るセイント・ジョンポールの手のオブジェまで、5感で楽しむ事のできるエキシビションとなっています。真のバチカンに触れることのできるスピリチャルでアーティスティックな体験を味わう事が出来るのです。

Property of Discover Los Angeles
Derek Cross,Flickr

 

チケットの前売り券は3月中旬から売り出しているので興味のある方はオンラインでの購入をおすすめします。ロナルド・レーガン・プレジデンシャル・ライブラリー&ミュージアムにはかの有名なAir Force Oneパビリオンもあり、日々多くの人で賑わっています。巨大な施設内ではVatican Splendors以外にも見所満載の展示が数多くあるので3〜4時間かけてゆっくりと館内をまわるのがおすすめです。

Vatican Splendorsはバチカンにある Congregazione per l’Evangelizzazione dei Popoli ー福音宣教省の協力のもと開催されています。モザイクにフレスコ、ルネッサンスの巨匠たちによる貴重な彫刻や繊細な刺繍が施されたシルクの衣装や過去に行われたPapal Mass(ローマ法王によるミサ)で使用された重要書物、Papal swiss ガードのユニフォームやセイント・ポール、セイント・メアリーメジャーといった聖堂が所有する歴史的書物など、通常では集めるのが難しいと言われるレアな展示品が数多く集められました。このエキシビションは200以上の美術館やリサーチセンターとコネクションを持ち、アメリカのみならず他国でも数々の実績を残しているEvergreen Exhibitionsによってプロデュースされています。