ロサンゼルスの観光施設は通常通りオープン!

米国連邦政府機関のシャットダウンが続いておりますが、ロサンゼルスの主な観光施設、公園、博物館、美術館は通常通り、オープンしており、旅行者の皆様を歓迎しています。

ロサンゼルスにある公園、ビーチ、博物館、美術館などの文化施設の多くは、ロサンゼルス市または、ロサンゼルス郡によって運営されているために、米国連邦政府のシャットダウンの影響は受けておりません。また、ロサンゼルスの交通機関、空港などもすべて通常通り運行されています。

「ロサンゼルスの街は、全く平常通りです。」とアーネスト・ウドゥン会長兼CEOも述べています。「ロサンゼルスを訪れるには、今が、絶好の機会です。青い空とビーチ、暖かい気候、そして数々の観光スポットをぜひ、楽しんでください。」

トム・ブラッドレー新国際線ターミナルが9月にリニューアル・オープンし、ロサンゼルスでは、芸術の秋に向けて、キャンペーンを開催中です。11月17日までにロサンゼルスのオフィシャルサイト上から参加ホテルに2泊以上予約すれば、10ヶ所以上の博物館、美術館で、入場料無料や、さまざまなディスカウントの特典が得られます。
詳細についてはこちら