ロサンゼルスで幽霊と一緒にお酒を飲もう!(パート3)

Residuals Tavern, Facebook

ロサンゼルスには、亡霊があらわれると噂のミステリアスなスポットが多数存在します。3回のシリーズでお送りしてきた「ロサンゼルスで幽霊と一緒にお酒を飲もう!」特集も今回で最終回!最後までゾクゾクしながらお楽しみください!

Property of Discover Los Angeles

RESIDUALS TAVERN

ロサンゼルスでの恐怖体験といえば、ほとんどがハリウッドでの出来事となっています。Studio CityにあるResiduals Tavernは1986年にオープンしました。店名の由来は映画やテレビでの再放映やコマーシャルなどで出演者に払う再放送料、Residualからつけられたそうです。オープン当初は、脇役やちょい役で出演していた俳優たちがよく足を運んでいたそうです。屋根裏から俳優の亡霊がささやく声がするそうですが、スタッフはみな沈黙を貫いているそうです。本当のところを知りたい方は、ぜひ実際に足を運んでみてください!

Property of Discover Los Angeles
Duke's Malibu,Facebook

BAREFOOT BAR - DUKE’S MALIBU

Duke`s Malibuは、ネイティブハワイアンでオリンピック金メダリスト、サーフィンの父として知られる Duke Kahanamokuが由来のハワイアンレストランです。地域の人々に愛され2016年で20周年をむかえました。Dukes`s Malibu内にある Barefoot Barは、オーシャンビューが一望できるおしゃれなバーでDuke`s Mai Taiや South Swell Margarita、Lava Flowといったオリジナルのカクテルが人気をあつめています。レストランの位置する場所は、その昔Las Flores Inn(1915年創業)というホテルでした。その後1944年に、ギリシャ人移民のCaptain Chris Polos氏に売却され、Malibu Sea Lionという名のレストランに生まれ変わりました。Polos氏は1986年に99歳で亡くなるまで、レストランの上階に住み、毎日レストランで働いていたそうです。今でもPolos氏の亡霊が常に見張っている、なんて噂がたつのもなぜか納得ですよね。

Property of Discover Los Angeles
Basement Tavern,Facebook

BASEMENT TAVERN

Basement Tavernは、The Victorianの地下に位置する歴史あるバーです。元々は1892年に牧師館としてOcean Boulevardに立てられましたが、1973年にThe Victorianとして生まれ変わり、Main StreetのHeritage Squareに移転しました。牧師館の最後の管理人はDeliaという女性だったことが分かっているのですが、移転した際、Deliaは行方不明となり、その後彼女がどうなったのか現在も誰も分からないのだそうです。彼女の亡霊は Basement Tavernにいるという説があり、それを信じるバーのスタッフは「Delia`s Elixir」というオリジナルカクテルを作って彼女の霊を怒らせないようにしているのだとか。「Delia`s Eixir」、ぜひ一度ご賞味あれ!