ロサンゼルスでもっとも怖い場所13選!(前編)

Lincoln Heights Jail
Lincoln Heights Jail | クレジット:Grendl, Flickr

ロサンゼルスは天使の街として知られていますが、不気味な場所も多々あり、世界で最も恐ろしい場所の一つだと言っても過言ではありません。 アメリカの歴史のすべてと同様に、ロサンゼルスの暗い側面はあります。 このガイドを辿ると、ロサンゼルスで最も恐ろしい場所13選をご紹介します。まず前編から!

Castillo del Lago
  Castillo del Lago | クレジット: @nothing_stars、Instagram

Castillo del Lago

1920年代に建てられたCastillo del Lago(住所:6342 Mulholland Hwy、Los Angeles、CA 90068)は、1930年代にギャングスターのBugsy Siegelが住んでいた場所で、秘密のカジノとして使われていました。その後、1990年代にマドンナが所有したこともあります。  現在ファッションデザイナーのレオン・マックスが所有しており、多くの訪問者が気づいた「深い予感」は残っています。 その場所を撮影したファッション写真家は、すべての写真が黒くなったと報告しています。Instagramで同じ効果があるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

Cobb Estate
「Phantasm」で登場するCobb Estate | クレジット:Lindsay Blake

Cobb Estate

アルタデナにある宮殿的なCobb Estateは地元ではホーンテッドフォレストとして知られていますが、1918年に建設され、購入してわずか数年後に1959年にマルクス兄弟によって取り壊されました。(5400 N Lake Ave. at E Loma Alta Dr, Altadena 91001)

老朽化した入り口の門は残っており、ホラー映画に命が吹き込まれてたように見えます。 (ホラー通の方はゲートが1979年のスリラー「ファンタズム」からのモーニングサイド墓地への入り口のロケ地として利用されたことがわかります。)夜に門を入ると、奇妙な光、遠くの悲鳴、ギャングランドの処刑、悪魔の儀式などに近くことも!?

El Capitan Theatre
El Capitan Theatre エントランス | クレジット: jimmywayne, Flickr

El Capitan Theatre

1989年の復元以来のディズニー映画の宮殿として位置付けられているハリウッドのエルキャピタン劇場(住所:6838 Hollywood Blvd、Los Angeles 90028)は、子供向けの広大なスイーツショップや、映画の前に繰り広げられる昔ながらのステージショーが特長となっています。 ただし、ディズニーランド自体と同様に、エルキャピタンには暗い側面があります。 昔のエルキャピタンは、バルコニー席が飛び降り自殺の現場となっている他、オフィスでマネージャーの死体が発見されるなど、暗い歴史があります。 ディズニーがエルキャピタンを復活させたとき、まだ通りからそのマネージャーの幽霊が見え、窓を壁で塞いだという伝説が残っています。

Lincoln Heights Jail
Lincoln Heights Jail | クレジット: Center for Land Use Interpretation

Lincoln Heights Jail

リンカーンハイツジェイル(401-449 N. Ave. 19、Los Angeles、CA 90031)は、LAの最初の主要な警察の残虐行為スキャンダルで話題となった、1951年に7人の市民が暴力を受けた「ブラッディークリスマス」と舞台として知られています。その建物も、1931年から幽霊が漂うアール・デコの要塞とも言えます。 LAの有名な殺人ミステリー作家のレイモンド・チャンドラーは、1940年代にそこで投獄されるほか、「エルム街の悪夢」のボイラールームのクライマックスのシーンのロケ地ともなっています。しかし、刑務所の脅威はより直近の過去にまで及んでいます。1994年に、そのスペースでジムを開設しようとした創設者はエレベーターのシャフトで死体で発見された事件もあります。

Los Angeles Pet Memorial Park - アッシジのフランチェスコの銅像
クレジット: Tommi Trudeau - Los Angeles Pet Memorial Park、 Facebook

Los Angeles Pet Memorial Park

ボギーの犬、メイウェストの猫、ホパロンの馬、ハリウッドの雌鶏、MGMライオンなど、このロサンゼルスペット記念公園 (住所:5068 N. Old Scandia Lane、Calabasas 91372)で共に眠っており、西海岸のもっとも古いペット墓地と一つとなっています。忠実な友人の存在は公園全体で感じることができますが、不意に手を舐められているような感じがするなら、それは常駐のワンちゃん幽霊、カバルに違いありません。カバルは無声映画スターのルドルフ・ヴァレンティーノが飼っていたドーベルマンで、生きている間でさえ心霊的であると考えられていました。カバルは、4,800キロも離れていているニューヨークでヴァレンティーノが亡くなった正確な時間に大きく唸っていたという噂も出ています。

Los Feliz Murder House
Los Feliz Murder House | クレジット: @damngina_22, Instagram

Los Feliz Murder House

1959年12月6日午前4時30分、心臓専門医のハロルド・ペレルソンは、眠っている妻のリリアンを丸頭ハンマで打ち殺しました。 妻が亡くなった時、ペレルソン博士は次に長女を追いましたが、彼女は逃げました。音で起こされた次女と長男に「ベッドに戻りなさい。これは悪夢だ。」と言った直後、ネンブタールと錠剤の組み合わせで自殺しました。その事件の舞台となったLos Feliz Murder House(住所:2475 Glendower Pl、Los Angeles、CA 90027)は、クリスマスツリーとまだ包まれたプレゼントが中に残ったまま、次の50年間放棄されました。 最近、公民権の弁護士グロリア・オールレッドの娘が購入しましたが、その家の中に佇むものはまだ誰もわかりません。。。